活動報告

12月第二例会  卒業式 納会


会員開発交流委員会 委員長 堀内信宏


 去る12月14日、天候に恵まれる中、調布クレストンホテルにて12月第二例会が開催されました。
 当日は、秋沢淳雄会長をはじめとする調布青年会議所シニアクラブの諸先輩方に多数ご出席いただき、盛大な例会となりました。お忙しい中ご出席頂き誠にありがとうございました。

 本年は昭和49年生まれの渡邊弘樹君・松永和磨君・尾崎大介君・小川陽一君・榎本陽介君・後藤和寛君・加藤百恵君・黒田秀範君・西川珠貴君・加藤和歌子君・宮永保寿君・黒田謙君・佐藤誠君以上13名が卒業を迎えられました。
 第一部の卒業式では、卒業生13名全員が出席され、調布JC在籍中の熱い思いと卒業後への抱負をスピーチし、高橋理事長より卒業証書が授与されました。そして、送辞を会員開発交流委員会の大井麗子委員、答辞を元気ハツラツ☆青少年委員会の加藤和歌子運営幹事が読まれました。最後に秋沢会長よりご挨拶とシニアクラブ迎えの言葉を頂戴しました。

 第二部の納会では、シニアクラブの諸先輩方にお見守り頂く中、2014年度の歩みを振り返り、高橋理事長より菅次年度理事長へ理事長バッヂが、嵐直前理事長より高橋理事長へ直前理事長バッヂが伝達され、2015年度への第一歩を皆で踏み出しました。
 卒業生と新入会員の交流をテーマに粕谷副委員長が中心となって準備をして参った本例会、記念品作成のための資料収集、スピーチバックの作成やアトラクション動画の撮影、当日の卒業生スピーチや納会での交流を通して、卒業生の思いが新入会員に伝わったのではないのかなと存じます。
 ややもするとメンバー同士が交流をする場が少なくなっているようにも見える昨今、沢山の出席者に恵まれて卒業例会・納会を開催することができたことを嬉しく思うとともに、出席してくださったすべての方に感謝を申し上げ、例会報告とさせて頂きます。


●例会風景